スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国訪問記③

CIMG0931.jpg
↑蘇州駅(日本で言う横浜)中国で一番美しい場所らしいですが・・・
CIMG0927.jpg
↑スラム街?民家の裏に突然有るような庭園。何の看板も無く有るので探すのが難しかったですが
 これが世界遺産とはとても思えないです。庭園は美しいけど規模も小さいし。
CIMG0936.jpg
↑中国の新幹線。乗客は凄く多くて混んでいます。料金が安いからでしょうか。1等席でも五月蠅いのは同じでした。
 移動時間は僅かに30分。
CIMG0937.jpg
↑上海駅。看板とか建物は凄く大きいです。流石中国。崩れそうで怖いですが。
IMG_20151212_113341.jpg
↑マックは結構高くて日本より高い感じかな?
IMG_20151210_153354.jpg
↑薬局と言うか漢方薬店も有りました。何が何だか解りませんでしたが。
CIMG0892.jpg
↑マッサージ屋にありがちなこの図。何処で買うのか解らずじまい。
IMG_20151213_062128.jpg
↑各国首相の泊まったというホテルに。それほど高くないのですが。見覚えのある顔が。
CIMG0941.jpg
↑別館でしたが部屋と内装がデラックスでした。このホテルはまた行ってみたいです。ジンジャンホテル?
CIMG0948.jpg
↑フットマッサージの時に使う棒。これが結構気持ちいいです。ゴムが先端になってました。
CIMG0946.jpg
↑デラックスな上海の歩行者天国も5m裏道に入るとただの張りぼてだった事に気が付きます。
CIMG0945.jpg
↑地震が有ったらこの町は結構崩れてしまうんだろうなと心配になる。
上海の物価は蘇州より上がります。ガイドブックにないだけ蘇州のご飯の方が美味しかった印象が。
上海は沢山店が有るので探せばよい店は沢山あるはずです。
マッサージ屋も色々有るのですが怪しい?店が多くて難しいです。それか全然客の入っていない店が
多いですね。裏道に有ったマッサージに行ってみたら足浴に入れるバスクリンみたなのが20元、オイルが
30元、マッサージ代金は60元みたいにセパレートになっているという仕組み。最低でも100元は取るって
感じでした。入ってみてから気が付いたのですが少しピンク系?と思わせる感じの店でしたが何事も無く
無事生還。中国は見分けが難しいですね。普通に会話出来て楽しかったお店も有りました。上海だと
少しだけ英語が通じる場合も有りますので楽です。筆談は中々難しく慣れないものですし。

帰りは何故か300kmしか出ないリニアモーターカーのVIP席に乗って朝一番で帰りました。
VIPの席は大半の人が買わないので何故か車両のドアも開いてくれず。VIPなのに空港の入り口からも
一番遠いと言う。運転席が見えるのですが僅か5分ぐらいの乗車時間です。記念には良いかもですが。
新幹線より揺れるし300kmしか出さないのにリニアの意味が有るのかどうか。斜めになって300km
出るのがちょっと新鮮でしたが。そして上海空港から茨城空港へ。上海の春秋航空は激混みで
乗り遅れそうな人が続出です。並ぶと馬鹿を見そうなぐらい割り込みと乗り遅れそうな人と優先搭乗の
繰り返しでひたすら待ちます。茨城空港は到着してから大分経ってからバスが出ます。
東京行きのバスは爆買いの中国人で一杯です。でも静かでした。予約しておかないと当日券が買えるかどうか。
日曜日だと道が空いているので割とアクセスは良いかもですが。500円で東京駅まで行けます。
でも多分もう佐賀空港と茨城空港は一生使わないんだろうな~。体力ある人は是非一度中国へ!
香港と台湾は別の国だと思いますが。

スポンサーサイト

中国訪問記②

中国と言えば定番の?中華料理。料理はどの国も楽しみ、異国の料理も美味しいですよね。
IMG_20151212_145923.jpg
↑定番の小籠包。有名店に行ったのですがそこまで美味しい?かなって感じも。
IMG_20151212_144314.jpg
↑でっかい大籠包?ガイドブックの店はイマイチだったかもですね。
IMG_20151210_124124.jpg
↑ランチタイムにしては高い?火鍋。1人だとCPが悪いだけかもですが。凄く混んでいて地元民で一杯。
 昼の1時間前ぐらいから席を取り始めていただけあって美味しかったです。(辛くないスープ)
IMG_20151212_191842.jpg
↑高級店?の上海ガニとフカヒレのスープ。ガイドブック店は味がイマイチでした。やはり。
IMG_20151211_152605.jpg
↑これが飲茶?点心?中国のお菓子。安くて美味しかったです。中国茶をもっと飲みたかったですが。
IMG_20151211_113755.jpg
↑蘇州ラーメン?結構有名らしいですが。味がうーん、イマイチだなぁ。
IMG_20151211_213101.jpg
↑この魚が相当美味しかったです。ガイドブックに載っていない地元民の多い店!
中華料理は足で探せと言うか、人が多く来る店。安くて美味しい店は沢山あると思います。
人がやたら多い国なので難しいかもしれませんが時間外に人が入ってたら美味しいと思います。

さてマッサージ屋の話でしたが蘇州では中々見つけるのが大変です。SPAだと個室になるし
オイルマッサージも有りで怪しいのでなるべく健全な店をと思って盲人按摩という看板を見つけ
行きました。マッサージ店は中々見つからないのが蘇州でした。十全街という場所も良くなかった
のでしょうか?少し裏側にある事が多かったですが健全なのかどうかの判断が難しいです。
流石に盲人と書かれていたので安心して入りました。少しだけ日本語の出来る人がいたので
安心して施術を受けることが出来ました。盲人は1人だけだったのですが結構感の良い人で
私がマッサージをしている人間だと言う事も当てられてしまいました。何でだろう不思議だ。
その人の技術はそこそこでは有りましたが、もう一人の人がジャパネットタカタ並みの声でずっと
話しているので五月蠅くて寝るようなことは出来ませんが施術も見せて貰えて良かったです。

中国訪問記①

長崎から佐賀へ。佐賀空港を使うために特急かもめ号で移動しました。
日本に数多く有る失敗した空港の一つかと思います。国際線は1日1本有るのでしょうか?
春秋航空が佐賀と上海を結んでいますが爆買で福岡に直行する人の為に飛行機のような
気もします。佐賀=上海便は安いですが利便性を考えたりすると多くの場合福岡発を考えた方がはるかにマシかなと思います。
春秋航空は日本のバスの中から中国の雰囲気となるので五月蠅いです。そして搭乗するまでにやたらと並びます。
上海でも佐賀でも茨城でも春秋航空は相当な時間並ぶことを覚悟した方が良いと思います。
そして五月蠅いです。忘年会の居酒屋ぐらいの騒音を想定していれば大丈夫かと思いますが、更に機内アナウンスで
永遠と機内販売の押し売りを中国語で続けています。機内にいる半分はアナウンスなので飛行機でゆっくりとかは
考えないようにしましょう。
IMG_20151209_081914.jpg
↑特急かもめ号。長崎=福岡、この電車のトイレは超デラックスです。乗ってみる価値あり!
中国の悪い点を5つ上げろと言われれば
①とにかく五月蠅い(話し声がずっと喧嘩しているか居酒屋のテンション、食堂、マッサージ屋でも同じ。)
②自転車の代わりの電動バイクが音も無く忍び寄ってくる(暗い道をライトも付けずに音もしないので
非常に危険。事故に巻き込まれる確率は相当高いです。交通ルールは無く歩道も走ってきます。)
③煙草を何処でも吸う(マッサージ屋だろうが高級料理店だろうが)大気汚染以上に酷いかも。
④英語が通じない(少し都市から離れるとホテルでも英語が通じなかったりする。)
➄フェイスブックやLINE、グーグルが使えない。ネットが繋がりにくい。(グーグルマップは重要です)
IMG_20151211_115518.jpg
↑大気汚染の為か蘇州で太陽が見れたのは一瞬だけでした。
中国の良い点5つと言えば
①胃にもたれるけど中華料理が2、3日なら美味しい。(油ものが多いので注文技術が必要です)
②マッサージの技術レベルが割と高い。(皆が真面目にやるし、底辺のレベルが高い)
③漢字の意味が少し解る。(そして人民の感も良く日本人の感覚に近い。)
④電車などの移動運賃が安い。(タクシーも道を知っていたり、電車の時間も割と正確)
➄治安が良い。
IMG_20151211_213101.jpg
↑料理は美味しかったです。日本で食べるときの半額ぐらいの感覚?
さて、中国に行った目的はマッサージ。1日2件を目指してマッサージ屋を探してみます。
意外と表通りにはマッサージ屋は無く、裏のひっそりとした所に有ったりして入りにくいです。
表通りにはスパとかの高級店が有るのかもですが。SPAの表記がSAPと看板に書かれてたのも印象的でした。
しかも最初に行った店は夜だった為か、ピンク系も入ったマッサージ屋でした。足浴だの按摩だのと書かれて
いたのですが。やたら胸を揉んでたりとか股間周りを手根でぐるぐると繰り返し行うので中国のマッサージは
変だなと思ったのですが途中でピンク系もやってる店だと気が付きました。まさか足ツボをやって客が3人ぐらい
入っている横でそれを行おうとするとは想像外。僅かに僅かに仕切りが有るのですがちょっと有り得ないの
状況でした。足ツボルームからの煙草の煙も酷く話し声も五月蠅くピンク系も有り癒しとは大きく離れてました。
圧とかは割としっかりしていたのですが、とても気持ちが良いって感じるほどの腕でも無かったです。
下手では無かったですが、隠れ風俗店とあっては評価以前の所ですね。蘇州だったので施術代金は確か
2500円から3000円以内の値段だったと思います。
CIMG0893.jpg
↑翌日行った近くのまともな店
翌日帰り際に発見した横路に有る店に行ってみました。中式按摩だか何だか書かれたコースを頼んでみたら
ボディマッサージでした。男性ばかりの店で地元の人も来ていたので安心です。少し待っていてくれみたいな
事を中国語で言われたので10分ぐらい待つとすぐに取り掛かってくれました。中国では着替えずにそのまま
行うのが普通みたいです。推拿(すいな)と呼ばれる手法なのでしょうか。中国式の整体と行ったところで
ベッドの上で行われます。まずはうつ伏せから、そして仰向けにして僅かに座位が有るぐらいです。
背骨の両脇をメインにほぐすのが手法のようです。持続圧では無く、常にゆさゆさと揺らしながら指で行う
のが大半でした。そこまで気持ちいいとは感じませんが痛過ぎると言うのも有りませんでした。効いているか
と言われればタイ式より足の部分やストレッチは少ないのですが背中は緩むかもと思えます。
翌日行った店で最初に受けた人は割と腕が良かったみたいで、やって欲しい場所を言うと理解してくれて
それなりの施術に変えてくれてました。結局この店の人が一番の当たりだったようです。

毎年4月1日はお花見タイマッサージです。

2009年から始まったこのイベント。今年で7回目です。東京都代々木公園でのお花見!
タイマッサージセラピストの方お待ちしております。参加費は1500円で9時45分に受付開始予定です。
そしてブログでの初の場所のご案内~。今年も昨年と同じ場所です。
さてご案内です。まず最初に大まかな場所です。原宿駅から行くルートです。
10930131_932696396742769_5239479414707623866_n.jpg
原宿駅から神宮橋を渡って明治神宮の前を左に曲がると代々木公園の入り口が見えて来ます。
CIMG5622.jpg
↑こんな感じのゲートっぽいところが入り口です。このまま真っ直ぐ進んで写真の右奥に行きます。
CIMG5623.jpg
↑グリーンアドベンチャーと書かれた看板が有るので右手に行きます。左手には売店などが見えるかもですね。
CIMG5624.jpg
↑こんな感じのモニュメントが有るかも知れません。しかしひたすら真っ直ぐに。
CIMG5626.jpg
↑そして1個目のトイレを通り過ぎて真っ直ぐ進みます。
CIMG5627.jpg
↑遥か先に2個目のトイレが見えて来ます。まだまだ真っ直ぐ進んでますよ。
CIMG5629.jpg
↑この先の2個目のトイレが目印です。一番上の中央広場と書かれた青い★マークの所になります。
ここに来たら左手を見ると噴水も見えると思います。この2個目のトイレを左手に曲がれば目的地です。
CIMG5630.jpg
↑ブルーシートだらけですが看板も置いてあります。地面に有るので目立たないかもですが
トイレの近くを探してみてください。桜の綺麗な場所にシートを敷く予定です。
CIMG5676.jpg
↑今年も4つのワークショップとお寿司にビール、1品の持参品と言うことでお願いしております。
例年50から100名ご参加頂いております。昨年も100名ぐらいでした。


チェンマイ初めて体験記 5・6・7日目

丁度チェンマイは花博が始まりました。フラワーフェスティバルで
観光客も大賑わい。ローシーズンも良いですがロイカトーンなどの
ハイシーズンも楽しいですよね。
10422575_778038358939028_3744184958363343510_n.jpg
自由時間ではチェンマイの公園でヨガなども開催されていたり
朝から夜までと色々な事に挑戦できますよね。
毎週土日はサタデーサンデーと巨大な夜のマーケットが開かれます。
1466177_778030728939791_5816655953817881673_n.jpg
サンデーマーケットなどで歩き疲れたら
お寺の一角や路上でマッサージなど如何ですか?
タイなので格安で受けられます。高くても200Bぐらい?
10411318_778038922272305_4936441144349225738_n.jpg
お腹が減ったらそこら中に屋台だの、お店だのと
有ります。ただし屋台はそれなりに清潔感が落ちますので
当たらないように注意しないといけませんけどね。
10945552_778055642270633_3790142240179554071_n.jpg
マッサージも当たり外れが激しかったりします。
人によっても全然違うのでお店というよりも
上手い人を引き当てるのが重要ですよね。
10985586_777193372356860_6141468182359333708_n.jpg
お寺は日中に観光する場合が多いです。
サタデーマーケットやサンデーマーケットでは夜も
お寺に入れたりします。結構遅くまで入れるものですよ。
10955689_777193305690200_2386440778471086880_n.jpg
お土産はタイ航空で30kgまで荷物で持ち込めますよね。
手荷物を合わせれば40kg?皆で上手くシェアすればかなりの
重さを持って帰れるかもしれませんね。
10421272_777238379019026_769129908013646508_n.jpg
屋台では食事に限らず、飲み物やお菓子など色々。
ちょっと歩けばコンビニも有るし食べるものには困らない所です。
美味しいものだけとなると色々と難しいかもしれませんけどね。
1780799_775803625829168_7155159065155814995_n.jpg
帰国前にチェンマイ空港で記念写真。
良い思い出が出来たでしょうか?
くれぐれも帰りの時にパスポートだけは手元にお忘れなく!
10984193_778123318930532_2911451485047057712_o.jpg
チェンマイで楽しく過ごす方法として
1、エアコンや夜など結構寒いので冷えないようにフリースなどを常に持参する。
2、冷たい飲み物、氷に注意する。温めの水や殺菌力の高い緑茶などを持ち歩く。屋台は控え目に。
3、現地の携帯が有ると連絡に便利。友達や情報も増えます。
4、辛いものを食べ過ぎないように注意する。辛かったら食べずに残すなど。
5、早寝、早起きを心がける。アルコールも控えめに。
CIMG8461.jpg

チェンマイ初めて体験記 2日目

最初に泊まった宿の中はこんな感じです。
結構広くてベッドはキングサイズになっております。
市内から離れたところなので自然豊かな場所ですね。
10945630_774115009331363_3060395570506434336_n.jpg
今日もソンテウというタクシーに乗って
移動する1日です。バスと言うかタクシーと言うか
市民の足です。ドアも無いので乗り降りが便利です。
10954542_774621519280712_1559945834258477032_n.jpg
チェックアウトしてタオガーデンと言う高級リゾートスパに
移動します。水着が有ればプールも入れますよ?
でも目的はチネイザンとカルサイネイザンを受ける事なので無理せずに。
1013627_775308365878694_9118016291224775545_n.jpg
ちょっと高級なランチビュッフェです。
ベジタリアン用が中心ですが肉も魚も有りました。
食べ過ぎないように!
CIMG8238.jpg
サンカーペーン温泉に移動して日中ですが
温泉に入りました。タイ人は暑い日中にはほとんど
入りませんね。いたのは日本人か韓国人でした。
10982085_775467132529484_19848070442128656_n.jpg
温泉卵や温泉プール、それにマッサージも楽しめたりします。
源泉が湧き出している場所なので湯の質や量は溢れんばかりです。
タイには温泉文化があまり無いので浴室はいまいちですね。
CIMG8244.jpg
さてさて本来の目的の学校見学です。最初に来たのは
生徒が100%日本人のCCAです。寮が格安で借りれて
パッケージ価格もお安くなっております。空港の送迎も有るので安心ですね。
10980754_775475719195292_9177249585374602525_n.jpg
授業が終わってからCCAの皆さんとお食事会へ。
色々な話が聞けましたでしょうか?夕食はタイスキです。
30人ぐらいの団体様でお店は大混乱していました。
CIMG8251.jpg
そのまま市内のホテルへと移動です。
結構便利で静かな繁華街近くの宿です。
綺麗でお洒落なデザインですね。
14379_775803022495895_4934070722002283283_n.jpg
まだ皆さん10時前なのでマッサージとか
行きたかったようで?場所によっては11時ぐらいまで
やっている店も有るみたいですね。
CIMG8247.jpg

チェンマイ初めて体験記 1日目

羽田→バンコク乗り換え→チェンマイ
楽しい空の旅です。ウエルカムドリンクにスナック。昼食と到着前の軽食。
そして乗継後の軽食とエコノミークラスと言えどもタイ航空は至れり尽くせり!
1549441_774099359332928_7184448415716220819_n.jpg
朝の10時半に出て18時半にチェンマイ空港に到着です。
乗り継ぎ時間も一番短くて、何より皆と一緒だから楽しいですよね。
最新の映画など楽しめたでしょうか?
CIMG8153.jpg
空港からピックアップで宿まで直行。
30分程度で郊外のリゾート型コテージに到着です。
早速ウエルカムパーティー。早速本場北タイ料理を堪能します。
CIMG8161.jpg
早朝の気持ち良い田舎の中にあるコテージです。ゆっくり休めたでしょうか?
ちょっと2人でも大きすぎるぐらいの部屋ですよね。
健康志向なドリンクなども楽しめますよ。池で釣りでもします?
10959616_774616202614577_2728523636232751991_n.jpg
タイでは赤いトラックみたいなのがタクシーです。
これがポピュラーな乗り物。IsuzuのD-MAXなのですけどね。
移動は車がメインなので楽々です。市内では徒歩で移動します。
CIMG8170.jpg
エレファントキャンプでは象によるショーが行われています。
絵を書いたりサッカーしたりして。かなり目の前で見られるので
迫力満点!?観光で来ている人も沢山ですね。
1507643_774682975941233_1536150397073472716_n.jpg
近くには首長族の村が有ったり色々なアトラクションが
あったりします。ガンシューティング?スネークショー。
ワニのショー。乗馬、パラグライダー、ドッグレース?何にします?
CIMG8201.jpg
お昼ごはんはタイガーキングダムに行って
トラを見ながらのランチタイムです。レストランへの入場料はなんと無料。
タイが初めての方は見る物が皆新鮮に映るでしょう!
10352379_774721319270732_1623571128691443095_n.jpg
午後は皆さんお疲れモードなのでトークセンを受けて
のんびりして下さい。実はこの人がトークセンを作ってる人。
真剣な眼差しで2時間もコンコンと叩いてくれます。
10981869_774728472603350_8247529186178671553_n.jpg
スーパーマーケットでタイのローカルな買い物をしたり
夕食は豪華なタイ中華料理を食べたりでお腹いっぱいですね。
この日はこのまま車に乗って宿に戻って早めに就寝です。

チェンマイへの道のり(バンコクでの乗り換え案内)

羽田空港からチェンマイ空港までの道のりです。
バンコクスワンナプーム空港に到着してからの
チェンマイ行きへの乗り換えです。ややこしい!
CIMG8044.jpg
バンコクに到着すると飛行機からバスに乗ることになる場合が多いです。
流石失敗空港。タイ航空ですら空港到着後バスでの移動になってます。
CIMG8047.jpg
こんな感じの国際線到着口へご案内されます。到着口はこの場所から
近いと思いますがチェンマイに行くにはトランスファーと書いてある
乗り換え方面に行かなくてはなりません。
CIMG8048.jpg
取り敢えずは建物の中に入って行かないと仕方ないので
入ったあとにEASTを目指します。スワンナプーム空港には
EASTとWESTが有るみたいですね。ちなみにここは2Fみたいです。
CIMG8051.jpg
とにかるTRANSFER CHIANGMAIの表示を探して行くだけです。
解らなければ聞くことが大事です。EAST方面で間違いないです。
CIMG8053.jpg
途中でインフォメーションも有ります。英語ですが。
CIMG8056.jpg
ベルトコンベアーに乗って進むとトランスファーチェンマイの表記がいくつも
有ると思います。この階は2Fで国内線の乗り換えも2Fです。くれぐれも
3Fには行かないで下さい。これが大事です。
CIMG8057.jpg
途中で両替所も有りますが日本よりマシなのは確かですが市内の
レートの良い所に比べると残念な内容ですね。そこまで酷くは無いですが。
乗り換え時間が少ないと余り立ち寄る時間が無いかもしれません。
CIMG8058.jpg
案内の通り進むとこの辺りで3Fへ行こうとしている人が群がってる
かもしれません。エスカレーターで上に上がらないで下さい。2Fなので
ここに群がってる人に並ばずにこの奥へ行ってから右に進んで下さい。
ここがややこしいのです。とにかく突き当りまで行って右に曲がれば
乗り換えの場所が見つかります。ここで入国審査をして国内線に乗ります。
CIMG8061.jpg
こんな風に2Fでは国際線から国内線の乗り換えで人が沢山
待っています。パスポートとチケットは出して待ちましょう。
しつこいようですがベルトコンベアーに乗って来たのか2Fで
国内線の乗り換えも同じ2Fです。3Fは国際線の出発なので行かないで下さい。
CIMG8062.jpg
パスポートを2度ぐらいチェックされた後に入国審査です。
スタンプを押されたか確認すると良いでしょう。
CIMG8063.jpg
その後に荷物検査が待ってます。乗り換えは結構距離も有るし
やることが盛りだくさんかもしれませんね。
CIMG8069.jpg
荷物検査の進行方向がBゲートで真反対に進むと実はAゲートが
隠れています。自分の飛行機がどのゲートから出発しないといけません。
CIMG8071.jpg
荷物検査から出てすぐに機械みたいなのが有りますが
聞いたほうが早いと思います。電光掲示板に飛行機の
搭乗口が出ますがこれも見にくいかもしれません。
CIMG8067.jpg
タイ語と英語、それにコードシェア便が有り、自分の飛行機が
中々出てきません。そして表示もすぐに切り替わるので出発
時間で調べてみると早く見つかるかもですね。
CIMG8070.jpg
荷持検査からそのまま進むとゲートBへ、そして真反対に進むと見えにくいですが
ゲートAがあります。どちらか当日にならないと解りません。もちろんバンコクに
到着後に判明するので現地で確認が必要です。
CIMG8077.jpg
出発ゲートまで行くとやっぱりバスに乗って飛行機まで
移動だったりもします。さすが失敗空港ですね。
この空港が嫌われる理由は多々ありますがトイレは
割りと多いから便利かもしれませんね。
CIMG8078.jpg
チェンマイに到着すると海外から来た人と、国内線で来た人で
荷物を取りに行く場所が違ってくると思います。途中で胸に付けられる
シールが目印になると思います。チェンマイ空港に付いて飛行機
から降りた後に紙で案内が書かれていると思います。
CIMG8080.jpg
荷物でごった返してるレーンになってるかもしれませんが
間違えずに自分の荷物を受け取りましょう。何便か重なって
ややこしくなっている時間帯かもしれません。
ちなみに荷物はロックして預けましょうね。
CIMG8081.jpg
出口すぐの風景がこんなかんじです。
チェンマイ空港の国際線に到着します。
バンコクからチェンマイでも軽食のサンドイッチが
出ますが食べないほうが夕食を美味しく食べられる
かもしれませんね。動かないのに食べ過ぎになります。
CIMG8083.jpg
AVISの文字とTAXI MATERの黄色い文字が有ります。
ここが待ち合わせ場所として良いでしょう。
出口すぐの所に有りますよ。

チェンマイへの道のり(出国編)

羽田空港からチェンマイ空港までの道のりです。
CIMG8020.jpg
京急線の羽田国際空港駅の出口です。ここを出るとすぐにエレベーターが見えます。
CIMG8021.jpg
これに乗って3Fまで行くと便利ですね。混まないのですぐに乗れます。
CIMG8022.jpg
エレベーターの中ですこれで3Fまで行き矢印通りに進みます。
CIMG8024.jpg
タイ国際航空は左手になりますが解らない時はインフォメーションで。Iカウンターです。
CIMG8026.jpg
Iカウンターの前に自動チェックインの機械が有ります。ここで待ち合わせて下さい。
CIMG8028.jpg
タイ航空のチェックインカウンターです。チェンマイまで2枚のチケットを
渡されると思います。パスポートが有ればチェックイン出来ると思いますが
念の為に購入時に使ったクレジットカードも。荷物は30kgまで預けられます。
液体品の機内持ち込みは出来ないのでお気をつけ下さい。凶器になるような
物、発火する物なども不可です。解らない時は聞いてみて下さい。
CIMG8029.jpg
出発ゲートに進みます。ここへ行く前にお土産を買って行っても良いでしょう。
ここから先は30分ぐらい有れば間に合うと思いますので。羽田は空いてます。
CIMG8031.jpg
出国審査を済ますと飛行機の出発ゲートへと進みます。中でもお土産など
必要品は売っています。ドリンクが欲しい時は中で買った方が良いでしょう。
飛行機のゲートはチケットに記入されます。何処かでチェックすると良いでしょう。
CIMG8033.jpg
ここが飛行機に乗る場所です。沢山の人が集まっていると思います。
今回は105番ゲートでした。途中で聞けば教えてくれる人が沢山います。
CIMG8034.jpg
いよいよ飛行機に搭乗です。良いフライトを!
CIMG8037.jpg
乗って離陸後飛行機が安定するとすぐに飲み物のサービスが有ります。
スナック菓子まで付いてきました。
CIMG8039.jpg
食事は白身魚が選べました。結構美味しくてパンも2個ぐらい頼めるので
ボリュームが有ります。もちろんアルコール類も有ります。食後に紅茶
コーヒーや緑茶のサービスも有ります。到着前にサンドイッチまで出て
来るので結構満腹にはなると思います。
CIMG8041.jpg
タイの入出国用の紙です。どのように記入するかは事前に調べるか
乗務員に聞いてみて下さい。日本語が出来る人はいると思います。
簡単な英語で書かれてますので理解できるとは思いますが。
CIMG8042.jpg
飛行機で映画も見れます。テルマエ2でも見てお過ごしください。

次はバンコクスワンナプーム空港に到着してからのチェンマイへの乗り換えです。
ここが結構ややこしいことになっております。

2014年10月~11月遠征記録(後編)

10月長野県ITM安曇野(妊活チネイザン)
10月大阪GECKO北堀江スタジオ(チネイザン本コース・症状別センセラピー)
10月静岡駿河区ヨーガスタジオアルカ(チネイザン本コース)
10月静岡駿河区WAIワイ(妊活チネイザン)
10月東京世田谷区リラワリ(妊活チネイザン)
11月福岡博多万葉の湯(症状別センセラピー)

10月は6箇所で7種類の講習会。今までで一番忙しい月でした。身体持つかな?
東京では世田谷区の三軒茶屋にあるリラワリで妊活チネイザンです。リラ・ワリ
ss-CIMG7751.jpg
サロンまでの道順が詳しくHPに有るのですが、すっかり覚えてしまいました。今回は2度目の講習です。
商店街を通り、色々な食べ物の誘惑を避けてサロンに直行します。気分を新たに授業開始!
ss-CIMG7753.jpg
チネイザン系の写真なのですが意図的にお腹の写ったのは少なめに少なめに。
授業は受けてからのお楽しみ!写真や動画では解らない世界です。
ss-CIMG7770.jpg
今回は各地でやってきて一番変化の有った回だったかもしれませんね。2回目にして
テキストも充実してきました。伝える内容が確立されて完成した感が強いですね。妊活チネイザンは
簡単なようでかなりの奥義だったりします。簡単に覚えられるように仕上げるのが大変だったりします。
ss-CIMG7812.jpg
そして11月に福岡博多の温泉で講習会です。博多は食事が美味しく非常に便利な場所でも有りますね。
ss-CIMG7811.jpg
ご一行様!のように張り出されると少し恥ずかしい気もしますが場所を用意して頂いた生徒さんに感謝です。
ss-CIMG7838.jpg
支配人の方と一緒に記念撮影です。温泉での開催も中々楽しいですね!博多では温泉三昧でした。
ss-CIMG7806.jpg
もちろん授業もやってますよ。写真になると寝ているだけのようにも見えます?
ss-CIMG7803.jpg
2日間開催後に施術なんかも行って来ました。モカちゃんユッカちゃんの写真をこっそりと。
ss-CIMG7850.jpg
ハーブガーデン クライミングや猿たちにも会える不思議な空間です!博多は源泉とかも近場に多く
宿も非常に便利な所に有るので色々とお奨めです。長崎と言い博多と言い九州には
良い場所が多いのかもしれませんね。博多通りもんも美味しいですよね。

遠征は疲れるし忙しいですが終わった時の達成感が素晴らしいです。
そしてやる気を一気に放出するので行った授業も濃くて深い内容になっていると思います。気力ですね。
そして多くの人々との出会い、自分自身の勉強ともなっているのが嬉しい事なのです。

講習会の感想詰め合わせです。  
受講のご予約はタイマッサージアドバンスへどうぞ。
プロフィール

thai55

Author:thai55
タイマッサージアドバンス
http://tma1.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。