スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎→山本(兵庫)チネイザン&トークセン合宿

2014年6月、7月に行ったチネイザンとトークセンの合宿の様子です。
山と海と市街が一緒に有る様なこじんまりした場所が長崎市内の印象!
s-CIMG6660.jpg
今回は万屋町のyoga&sleep Kuuでお世話になりました。観光地の中心に有るって感じです。
広々としたヨガスタジオでチネイザン合宿を開催しました。
s-CMG6651.jpg
長崎は魚が美味しくて安くて。野菜なども安く買えて美味しいのです。そして海あり
山あり軍艦島あり。坂が多いのが難点かもしれませんが交通の便は良いです。
s-CIMG6735.jpg

そして兵庫山本のユクタに移動してトークセン合宿です。
ローズガーデン内と書いてあっただけに広い!広大な場所にサロンが有りました。
s-CIMG6743.jpg
自主練習でもポクポクと叩き続けます。1日3、4時間ぐらいは叩き続けましたか?
皆さん熱心にやっておりますが受けているときは半分寝ている状態に!
s-CIMG6767.jpg
こんな感じの一軒家丸ごとのサロンですが近々新築されるそうです!最近タブレットと
デジカメで写真を撮っているのでブログにするときに意外と写真が足りなくて困りますね。
s-CIMG6782.jpg

そんな訳で両方の講習会の感想でもご覧ください。
長崎チネイザン合宿の感想


兵庫トークセン合宿の感想

スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

石垣島→沖縄本島→石垣島チネイザン合宿2014

2014年6月1日、石垣島のお祭りハーリーから始まって、石垣島チネイザン合宿、
石垣島センセラピー講習会、沖縄本島センセラピー講習会、石垣島チネイザン講習会と開催しました。

石垣島チネイザン合宿では川平湾でソフトクリームを食べて
s-CIMG6298.jpg
島の観光スポット川平湾で記念撮影。ぱしゃり。
s-CIMG6312.jpg
夜は小雨が降っていたけど蛍を見に行ったり
s-CIMG6418.jpg
うさぎ屋で音楽を楽しみながら食事をしたり
s-CIMG6347.jpg
自分たちの手作り沖縄料理でゆんたくしたり
s-CIMG6380.jpg
授業らしい写真が無かったのでこれで失礼します・・・
s-CIMG6394.jpg
それではチネイザン合宿の感想は音声でお楽しみ下さい。
まずは雑談

一人目

二人目

三人目

四人目

テーマ : タイ・チェンマイ
ジャンル : 海外情報

チネイザン効果・チネイザンの効果と体型の変化

 今回は全体のスタイルの変化について調べてみました。ご協力頂いたのは川田恭子さん(仮名)
20代女性の方です。全体の特徴としては肩こりと便秘が目立ってました。
s-chiA-3.jpg
 施術はタイ式セラピー3時間1回とチネイザング約2時間を2日続けて2回行った結果です。上の写真の
赤色のラインを見て頂ければ手の位置が大幅に違っているのは解ると思います。前に行っていた肩が開いて
正常な位置に戻りつつ有る状態です。腹部の赤い線を見るとカーブが緩やかにお腹が凹んだ状態に変化して
いるのが見られます。肩が上がり胸の位置も上に移動しています。胴体が全体的に細く見えます。

s-chiA-2.jpg
 正面からの写真を見ると青の線で肩が下がっていたのが戻り胸の位置も上がっています。面白いのが中心の
オヘソの位置です。赤いラインを見ると最初はずれていたオヘソが真ん中に戻っているのが解ると思います。
 腹部も全体的にスッキリした印象になってます。

s-chiA-1.jpg
 背面から見た感じでは赤の線を見ると胴体にくびれが出来ているのが見れます。全体的に背中がすっきり
した感じになっています。肩の位置の変化は主にタイ式セラピーによるものだと思われます。このように
チネイザングとタイ式セラピーを組み合わせると効果的で有る事が見て取れます。回数的には症状に対して
は物足りない感じで、実際にはタイ式セラピーは3回、チネイザングは5回ぐらい受けるとより良い結果が
出るのでは無いかと思っております。

別の腹部のチネイザン・ビフォアアフターはこちらの日記へ

http://thaia.blog72.fc2.com/blog-entry-54.html

チネイザンを受けてみたい方はこちらへ

タイマッサージアドバンス

テーマ : タイ・チェンマイ
ジャンル : 海外情報

チネイザンの上達が解るとき・タイマッサージ学校

タイマッサージでもチネイザンでも意外なところで上達が判明するのではないだろうか。
チネイザンを行う時はオイルを使う。オイルを使うと腹部を迅速に軟らかく出来るからだ。
より痛みを少なくより早く行うにはチネイザンはオイル無しには考えられない。
ただしオイルを使用するとタイマッサージと組み合わせるのが少々難しいのが難点だ。
s-IMG_4291.jpg

チネイザンが上達するにつれ自分にと言うかある事に変化が起きた。
タイマッサージと組み合わせて行っていたのだが、それがスムーズになりつつあったからだ。
何が一番変化したのか考えてみたら、一番変わったのはマットの汚れやタオルの汚れだった。
オイルの飛び散りが全く無く無駄にオイルも使わず、タオルでの拭き取りなども綺麗になっていた。
マットもほとんど汚さずオイルの飛び散りを気にせずに出来るぐらい上達していた。
ksan.jpg

相手に対するテクニック的な事より、こうした事の方が上達として解り易い目安かもしれない。
フットリフレクソロジーにせよタイマッサージにせよ繋がるものは有るはずだ。
身体の見た目の使い方や技術を追うだけでは無く違う部分に目を向けてみるのも必要では無いだろうか。
トクセンなどの道具を使う人にも通じる部分もあるのでは無いだろうか。一個一個確実に経験を積んで
極めていけたらと思う。

テーマ : タイ・チェンマイ
ジャンル : 海外情報

チネイザン・ビフォアーアフター

タイマッサージアドバンスで行っているチネイザンの形も完成に
近づいて来ました。現在タイで行われているチネイザンと呼ばれる
テクニックに関しては非常に痛いイメージが有るようです。
日本で私に受けたほぼ全ての方が思ったより痛くなかったと感想を
言う事がそう思わせます。
私の考えではタイで行われている痛すぎる施術は間違っていると思います。
タイマッサージでもそうですが痛みを如何に減らせるかと言う考えの元で
施術を行っています。勿論効かせつつです。
チネイザンでもタイマッサージでも痛くなく効くのであれば受け手に取って
よりよいのです。痛すぎてもう二度と受けたくないと思った人のなんと
多いことか・・・。残念ながら現段階ではチネイザンはまだタイで受ける限り
痛みを堪えないといけないようです。
ksan.jpg
↑左が施術前、右が施術後・腹部の鋭角部分は小腸の塊が有る事を表す。

写真も撮り方や角度が難しいので前後で見ても解りにくいですが
小腸部分が硬く下腹が出てる方は変化が見られやすいです。主に変化する部分は
腸骨の上から肋骨の下部分、所謂くびれ部分です。
チネイザンを数回受けた時に腹部が柔らかくなり大腸が動ける部分が多くなり
快便となったのが印象的でした。
msan.jpg
↑肋骨の下の横隔膜部分を施術する事により胸部の境もはっきりとしてくる。

肋骨の下にスペースを作ることにより、胸部の凹凸もはっきりとしてきます。
呼吸の状態もスムーズになり横隔膜の動きもスムーズに変化しました。全体的に考えて
チネイザン後の腹部の柔らかさが特に印象的で赤ちゃんのような肌に変化したのは驚きでした。
やはりこれらを痛くなく受けれたら良いなと思い私はチネイザンを改良してきました。
これだけ違うと新しくネーミングしてみたいですね。
痛くないチネイザンなら→タイマッサージアドバンスで



チネイザン特別講習会in東京

タイマッサージアドバンスでチネイザン特別講習会を開催しました。
受講された皆様ありがとうございました。
チネイザンの施術を受けるにはコチラで東京でチネイザンならタイマッサージアドバンス

実際には2年以上前から稼働していました。
ロイクロ10周年に合わせて何か大きなイベントをと考えて試行錯誤。
その後、インフルエンザやテロの影響で?延長になっていたこのイベント。
私1人で構想やロイクロとの交渉が永遠と続き何度も挫折しかかりましたが
最後までやり遂げられて良かったです。
今年の1月になり今回の為の具体的な準備が始まりました。
s-s-IMG_3825.jpg

3年以上前のティーチャートレーニングの際に既にチネイザンを始めていた
クッキーさんから教わった事を施術に取り入れたのがきっかけでした。
同時期に私のチネイザンを受けた方もマイミクにいると思います。
私自身は腹部の施術に関してはタイ式でロイクロやワンディーやママニットなど
様々な所で習ったものを取り入れてサロンスタッフなどに頼まれれば行って
いた程度では有りました。腸セラピーなどと呼ばれるように大腸小腸への
働きかけが多いスタイルでは有ったと思います。
それでも腹部の反射区だの血止めを併用する事で様々な反応を引き出せて
個人的にも腹部の施術は好きでした。それと言うのも小学校に入る前から
良くお腹を揉まれていた影響が有るのだと思います。
s-s-IMG_3855.jpg

今年の始めに具体的な交渉が終わり、開催場所の選定や
募集の為の準備など既に計画した事を実行に移す段階になりました。
当初から人を集めるのが難航する事が予想されていました。
それはチネイザン自体の知名度が低かったからです。日本の大半の人が
タイのスパリゾートで行われているメニューなどを知るはずも無く
体験せずには受講する人などいないと思ってはいました。
日本に良い物を良い状態で輸入すると言うのが全てに通じる目標で
有りますが、その物事態が見えなければ誰も買う人はいないでしょう。
自分で体験会や施術を繰り返し地道に広める事が最良の方法だったようです。
体験して頂ければ、それが日本人の身体に必要とされている事が
理解してもらえるからだと思います。そして実際に参加された方々は
私の体験会に出た方か、施術を受けた事の有る方ばかりだと思います。
興味が有る方も大勢いたと思いますが、実際に受けたことの無い方は
二の足を踏んでしまったかもしれませんね。
s-s-IMG_3856.jpg

チネイザン特別講習会5日間は終わってしまえばあっと言う間だったかも
しれませんが、プライベートな事も有りますので名前は伏せますが
来日頂いたクッキー先生とザビエル先生を始めロイクロの先生とスパの
スタッフの方々、準備段階から手伝って頂いた方々、チェンマイでお手伝い頂けた
方々、テキスト制作に携わって下さった方々、開催場所のサロン関係者の皆様、
通訳や準備に関わって頂いた方々、送迎や観光など細かい部分で動いて
頂いた方々、そして何より参加して頂いた10名の方々のご協力が有って
開催する事が出来ました。皆様心より感謝致します。
そして受講された方々へは修了証が渡されましたが、これがチネイザンの
始まりだと思ってチネイザンマスターとなれるようにお互い精進しましょう!
本当に有り難う御座いました。

チネイザンをチェンマイで受けてみようinロイクロ

現在チネイザンを受けられる所はチェンマイで4ヶ所。
チェンマイ市内では2ヶ所です。ジョー(男性)先生の所(ソンペットの近く)か、ロイクロで
クッキー(女性)先生の施術を受けるか。値段はジョーの所が50分で600B。
ロイクロで1時間30分で1500B。しかしながら2ヶ所は全く違うとも感じられる
方法で行っています。どちらも深い所までアプローチする感じは一緒です。
初めて受ける方で痛いのが心配な方はソフトに行ってもらうように言うと良いでしょう。
どちらもスクールなのですが施術も受ける事が出来るのです。
わたしもチェンマイにいて手が空いてましたらチネイザンを行いますので
声をかけてみてください。
s-IMG_3601.jpg
↑クンジーさんの家にてチネイザン&カルサイネイザンを受けられます。

クンジーさんとクンニーさんはタオガーデンの講師です。お二人の実家で
施術を受けることが出来ます。1時間1500バーツで送迎が500バーツです。
距離が相当有る事と連絡方法が難しいのでちょっと大変かもしれませんが。
技術的には一度受けて欲しい方々です。
今回紹介した方々はチネイザンだけで無くカルサイネイザン(生殖エリア)のマッサージも行ってるので
お問い合わせ下さい。これらの情報はロイクロ通りのソイ3のカフェ&日本人ゲストハウスの
グリーンデイズに行くと情報を得られると思います。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

タオガーデンでチネイザン

私自身は行った事が無いのですがタオガーデンのベテラン講師に3人の施術を受けた事が有ります。
タオガーデンは遠いのと宿泊すると恐ろしく高くなってしまうので中々行きにくい所です。
タオガーデンでチネイザンを受けると50分/1,890バーツ(5000円ぐらい)+送迎片道450バーツ
+宿泊3800バーツで合計6590B(18000円ぐらい)時期にもよるでしょうがミニマムで
この値段がかかってしまいます。チネイザンの効果を感じたいので有れば最低2回。普通は5回ぐらい
受けると違いがハッキリと解ります。連日受けるより1日空けて受けたほうが普通は良いと思います。
タイで1回受けて凄く痛かったという感想が多いと思いますが(実際ご来店される方は
痛いのを覚悟で来る方が多いようです)私自身は全く痛みを感じない(物足りない)から凄く痛い
(限界を超えるような痛み)まで体験しました。今まで受けたチネイザン講師5人(内タオガーデン勤務3人)
は全て違うタイプで、その結果どうすれば良いかと言う道筋が付きました。
私の施術では90%の方が施術中に意識が飛んでいる(痛みでは無く自然に記憶が無く、お風呂で
寝てしまうような感じ)が多いのです。そしてこれからも痛みは最小限に自然に寝てしまうような
施術を行いたいと思います。今までとは多少変更してなるべく最初の段階で眠れるような施術を
行い意識が遠のいている間に効いている感じで深い施術を行うパターンを目指したいと思います。
半眠状態ならば普段異常に痛みに耐えられると思いますし、深く行えばよりデトックス効果が高いので。
そして初めての方はなるべく続けて2回受けてもらうような形に出来ればと思います。
日本人の腸の状態を考えると1日目には腸のみへアプローチ、そしてその翌日か翌々日
ぐらいに腸が柔らかくなった所で深いアプローチに切り替えるのが良いかと思います。
深い施術の時には1日空けた方が良い結果になると思いますが。
s-CNTII-wpurp-web.jpg
↑お腹の中の反射区の図。これが見事に当てはまるので覚えておくと便利かもしれません。
 略字の意味わかりますか?

チネイザンならタイマッサージアドバンス

続きを読む

チネイザンはウインドゲートに有り

チネイザンテクニックは多種多様。それもそのはず
色々なジャンルからコンバインされた物で有り、教わった人々も
更に改良して変化しつつ有る物ですから。私もそのように使っています。
誰一人としてスタンダードと思える形が存在しないチネイザンですが
一つだけ別格の技が有ります。それがウインドゲート。
気の流れの元。蛇口の元栓だと思って頂ければわかり易いかと
思います。丹田は水がめでヘソの周りが蛇口。
これを開く行為が有るのがチネイザンだと思います。
そしてこれを行うだけで腹部全体が柔らかくなります。
問題はどうやってこの蛇口を緩めるかですが、やはり腸が張ってると
蛇口も硬く開くときに痛かったり苦労します。
この辺りが課題だったのですが今回有るヒントを見つけました。
これでかなり痛みを少なく出来るはずです。もちろんコンディションの良いときが
痛みの少ない条件になってきます。

ウインドゲートは丹田+8方向に分かれます。
s-1485941451_160.jpg
↑この図を見てもらえれば一目瞭然。

ヘソの硬さでどの臓器が弱っているか予測が立ちます。
足ツボと同じだと考えて下さい。そしてヘソの周囲の固まりを取り除く事が
気の流れを回復する作業となります。人によってはヘソの周りがリング状に
しっかりとブロックされている場合が有ります。ウインドゲートはヘソの周りでは無く
フチにあるので注意して下さい。ごく稀にヘソのフチが柔らかく、もう少し外側が硬い
人もいますが大抵はフチです。それ故に普通はヘソの中に半分指を入れた状態で行うのが
良いです。親指で行うのが一番感覚を感じやすいのでお奨めです。体格によっては
ヒジを使う場合も有ります。親指を使う場合は反対の親指か二本指でサポートして行うのがお奨めです。
この辺りは身体を使うテクニックなので慣れた人なら苦労しないでしょう。

チネイザンならタイマッサージアドバンスで

便秘とダイエットとチネイザン

ダイエットで食事を減らす事により余計便秘になり
腹部の膨れが目立ったりした事は有りませんか?
日本人の古来の食生活は非常に豊かな繊維質を含んだ穀物
と良質の植物性たんぱく質が中心の生活でした。
腸内の悪玉菌の好物がたんぱく質や脂肪なので肉食は便秘のもとです。
食物繊維が豊富な野菜や穀類は便秘に対して非常に有効です。
最近人々のお腹を施術していて、こんなに年中腸内を硬くしていたら
ガンになるなと言うほうが難しいのでは?と思ってしまいます。
内臓も非常に硬くなっていますが、まず腸を綺麗に柔らかくしないと
全ては始まりません。
大腸は盲腸から始まって、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸と
有ります。大腸では小腸で吸収されなかった水分を吸収するので長く留まっていると
水分が減り硬くなってしまいます。大腸の各曲がり角、横行結腸の中央とS状結腸
には便が貯まりやすい傾向が有ります。同時に腐敗したガスも貯まるので
大腸が必要以上に膨らみます。腹部のでっぱりが気になったりする方は便秘の解消と
供に大きくウエストが凹んで見えると思います。便秘に関しては最終的には
食生活の改善も必要ですが便秘に伴い硬くなってしまった腹部の開放や
腸内洗浄に替わり、手で行う腸の活性化としてはチネイザンが有効かと思います。
腸内洗浄にはリスクも有り、繰り返し行うのであればチネイザンで臓器そのものを
若返らせた方が有効かと思います。
ただしガスの貯まったような大腸にはソフトなアプローチが必要です。
十分なウォームアップとウインドゲートを開く作業が必要になってきます。
ウインドゲート風門に関しては説明しないといけないと思いますが
youtubeでもどうぞ。
youtubeビデオ・チネイザン

チネイザンならタイマッサージアドバンス
プロフィール

thai55

Author:thai55
タイマッサージアドバンス
http://tma1.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。