スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルサイネイザンとチネイザンとカルチネイザン??

カルサイとはブロックしている部分の事です。体の詰まりを意味します。ネイザンは内臓の事で
何故マンタクチアが生殖エリアのマッサージに対してこの名前を付けたのかは解りません。
単に勘違いから生まれた造語なのかもしれませんが。チ・ネイザンという名称もタイ人に言っても
通じないでしょう。現在ではこの名称はタオガーデンでしか使えないようになっているみたいです。
日本で言う商標登録みたいなものの影響でしょう。さすが商売上手なマンタクチアです。
チネイザンもカルサイネイザンもタイの物価から考えたら恐ろしく高額なものとなります。
日本で考えると1回5万円ぐらいの感覚では無いでしょうか?現地で受けても非常に高額で
受講料も全然違ってきます。日本での値段設定が非常に難しくなりますよね。
s-IMG_4194.jpg
↑カルサイネイザン。生殖エリアに関しては基本的にゴム手を付ける場合が多い。感染に注意する意味もある。

カルサイネイザンは腕の差が特に出やすい施術だと思います。指先の感覚が研ぎ澄まされていないと
出来ない技で特に男性に対する施術は難しいです。女性の場合は生殖器が腹部に内蔵されていますが
男性の場合はそれが外に出た状態で直に触るので非常に危険も伴います。痛みも強く力加減も
非常にコントロールするのが難しいです。誰でも出来る分野では無いと思います。
s-IMG_4195.jpg
↑ゴム手は相手に与える感触が非常に悪いのでオイルを使ったりパウダーを使ったりして滑りを良くします。

カルサイネイザン=生殖器のマッサージと勘違いする人が多いですが、これは生殖エリアを行うもので
より広い部分にアプローチする事になります。女性なら大腸を緩め、小腸を緩め、そして腸骨周りを緩め
大腰筋も緩め、それから深部に対してアプローチするのでチネイザンを含めた手技になります。
そうしないと子宮や卵巣に安全に到達出来ないからです。男性も血流の改善を促す為に恥骨周りに
対して色々とアプローチを行います。ナンタカワットやキチャ(ピッタクン)のSENに対してです。
s-IMG_4225.jpg
↑カルサイネイザンの授業はタオガーデン以外でもロイクロやオン先生の学校で行われています。

タイのチェンマイで受けてみたり習ったりしてみたい方は、もしくは日本で受けてみたい方は
以下のホームページかメールアドレスにどうぞ。thaimassageadvance@gmail.com
※カルサイネイザンに関しては行っておりません。
HP→タイマッサージアドバンス

スポンサーサイト
プロフィール

thai55

Author:thai55
タイマッサージアドバンス
http://tma1.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。