スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイマッサージスクール選びinチェンマイ2

 タイに長期行くなら是非チェンマイへ。3,4日ならバンコク。1週間以上ならばチェンマイがお奨めです。高地にあるので夜が涼しく雨期でも乾期でも楽しめます。行く時期は何時が良いのでしょうか?私が好きなのは断然雨期です。日本の過ごしにくくて暑い夏をチェンマイの涼しい雨期で過ごすのは如何でしょうか?雨期と言っても1日に1度ぐらい約1時間ぐらい大雨が降るのが通常の雨期です。夕方4時とか、深夜とかに突然豪雨が有るイメージです。慣れてくると雲行きで降る時間が解ってきます。暑くなった街が一瞬で冷やされて快適な夜を迎えられるわけです。日本の夕立に似た感じですね。雨期は7月~9月ぐらいが一番それっぽい季節だと思います。しかも6~10月ぐらいはローシーズンでタイマッサージスクールに人が少ないメリットが有ります。逆に12月~2月はピークシーズンで観光客が多く不便だと思います。行くならローシーズン、そして雨期で日本が過ごしにくい7月~9月前半ぐらいが良いかと思います。
s-P1240183.jpg
↑ナモ・チェンマイにて。旧市街に有る綺麗なスクール&サロンです。
 
 欧米の長期休み12月~2月にかけて観光客が一気に増えます。冬場は暖かいタイへ行く欧米人が多いと思いますがチェンマイは高地の為、朝晩が冷えて少し寒い思いをするかもしれません。日中は30度を超えますが寒暖の差が激しいと身体にきついのと雨が降らない日が続くと大気汚染が激しくなります。残念ながら現在チェンマイの大気汚染は最悪です。一刻も早く市長に改善してもらいたいです。ちなみに雨期だと雨で一気に空気が綺麗になり山の新鮮な空気が入り込むので大気汚染の被害は少ないです。チェンマイは山と自然に囲まれた地域なのです。
 さて、チェンマイの学校は多くがオールドメディスンホスピタルの基本的な流れをベースにしてテキストが造られています。ロイクロ、ITM、SMH、ワンディーなども基本的な部分はほぼ同じです。これがチェンマイスタイルと呼ばれているタイマッサージのスタイルを作っています。オールドメディスンホスピタルやロイクロのサロンに受けに行くとどんな感じか解ると思います。ただしクーラーが効いていて寒いと思いますので長袖などを持参した方が良いと思います。タイではマッサージは高級で有り、高級ならばエアコンが効いていたり強かったりします。エアコンは電気代が高いのでお客さんが入るとエアコンを付ける店も有ります。マッサージ店でエアコン無しでファンの店を探すのは難しいのです。フリースを持ち歩くと結構便利ですよ。
 s-IMG_0203.jpg
↑ワンディーにて。タイマッサージ学校は日本人以外も集まってくる。

 マッサージを受けることはマッサージの勉強にもなります。数多くのマッサージ店を渡り歩き、上手なセラピストを見つけましょう。そしてどんなスタイルを自分が目指すのか、何が一体気持ちよいと感じるのか、どんな事が上手と思わせるのかと教わるべき事はマッサージを受けても色々有ります。スクールで勉強だけでは勿体ないので是非チェンマイに行ったときには施術を色々受けてみて下さい。料金は約300円から600円程度です。バンコクの半額程度なので沢山受けられるのも魅力です。私も施術は100回以上は受けてます。

タイマッサージスクールで受講や施術を受けるなら↓
タイマッサージアドバンス

スポンサーサイト

テーマ : タイ・チェンマイ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

thai55

Author:thai55
タイマッサージアドバンス
http://tma1.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。